「会ってみたい!」と思わせる履歴書とは!?

はじめに

近年、日本では一つの仕事や会社を一生続けていくというスタイルから、自分自身の目標やライフステージによって働き方を変化させていく、すなわち必用に応じて転職するといったスタイルが定着しています。

このような傾向は就職活動、転職活動が常に活発になっていることを意味し、企業側にとっては様々な人材を「選ぶ」ことができます。中にはとりあえず履歴書を持参すれば面接ができる求人もあるかもしれませんが、今ではほとんどの企業が「書類選考」によって面接をするかどうかを決定します。そして転職者が増加している現代では、アルバイト求人であっても厳格に書類選考を行う企業は少なくありません。

また、実際に応募されてきた方の履歴書などの書類の中には、誤った知識や情報を取り入れてしまっている人が意外と多く見受けられます。「終身雇用」が標準的であり、「転職」がそれほどスタンダードではなかった日本の仕事のありようもあってか、応募書類の書き方、履歴書の書き方を訓練する場が意外と少ないというのが現実かもしれません。

とはいっても、やはり採用を勝ち取るためには履歴書の新しい書き方、すなわち「今どきの履歴書」が必用です。転職者が増加しているというだけでも新卒者の応募書類の書き方ひとつに大きく影響していることでしょう。このことだけでも履歴書など書き方、就職活動自体が時代の流れとともに必然的に変化していると言えます。

当サイトでは就職活動・転職活動で避けては通れない履歴書の書き方や添え状(カバーレター)について、シーン別に参考例をご紹介しております。「会ってみたい!」と思わせる履歴書にするために、当サイトが皆様のちょっとしたお手伝いができれば、大変嬉しく思います。

PAGETOP